放課後等デイサービス利用までの流れ

まずは放課後等デイサービスに問い合わせ

利用したいなと思える放課後等デイサービスが決まったら、まずはお問い合わせをしてみましょう。
そこで疑問に思ったことや子どもの特性、どんなサービスがあるのかなどを相談しながら話し合います。
もし利用するとしたらどうなるのか、検討している利用プランなどの具体的な部分も話し合います。
放課後等デイサービスを実際に体験できる見学体験などもありますので、子どもも親も納得できるかどうかを見極めます。
 
 

受給者証の提示

放課後等デイサービスを利用するためには、受給者証が必要になります。
受給者証を持っていなければ、住んでいる自治体にある障害福祉課に発行申請をお願いします。
発行には一カ月ほどかかります。
 

受給者証とは

福祉サービスを利用するために市町村自治体から交付される証明書のことを『受給者証』と言います。
発行申請を行う時は、医師の診断書や児童通所支援利用計画案など必要な書類があります。
児童通所支援利用計画案は近くの相談支援事業所で作成を依頼することもできますし、保護者の人がセルフプランで作成するこのも可能です。
それらを提出して市の調査員からヒアリングを受け、支給決定と受給者証の交付となります。
 
 

申し込み

利用開始日や利用したい日数などを相談して決定します。
双方が納得できましたら、契約が完了です。
 
 

気を付けておきたいポイント

契約をする際に、利用者の人が見落としがちになってしまうポイントをまとめてみました。
契約する前に必ず確認を取るようにして、トラブルが起こらないようにしておきましょう。
 

利用する放課後等デイサービスによって金額は異なる

同じ日数を利用する、同じサービスを利用する。
それでも利用料金は、放課後等デイサービスによって変わっていきます。
どうしてその値段になっているのか、その金額は何に使われているのかをしっかりヒアリングしておきましょう。
 

土曜・日曜・祝日は預かってくれるのか

放課後等デイサービスによって、土日・祝日が休みのところもあれば、土曜日だけ運営しているところ、土日・祝日すべて運営しているところもあります。
また急な利用日程の変更は受け入れてくれるのかなども異なってきますので、確認をしておきましょう。
 

キャンセルしたい場合はどうすればいいのか

家庭の都合で利用日をキャンセルする場合、どうすればいいのかを確認しておきましょう。
場所によってはキャンセル料が発生する放課後等デイサービスもあります。